大切な愛猫や愛犬のお葬式は何を準備すべき?ペット火葬の知識を深めて最期の旅立ちを!

このサイトでは大切な愛猫や愛犬のお葬式をするときに何を準備すればいいのかや、ペット火葬の基礎的な知識を紹介していきます。
火葬移動車を利用の仕方や、実際に利用をするときに気をつけておきたい注意点などについても分かりやすく解説をしていくので参考になる筈です。
遺骨の持ち帰りの有無を事前に聞いておく大切さについても説明をするので、しっかりとチェックしておけば実際に火葬をするときに業者選びで失敗をするリスクを減らすことができます。

大切な愛猫や愛犬のお葬式は何を準備すべき?ペット火葬の知識を深めて最期の旅立ちを!

愛猫や愛犬が亡くなったときに、お葬式をやりたい気持ちがある人も少なくない筈ですが、ペット火葬をすることで遺骨の状態にすることができます。
お葬式をスムーズにやるには専門の業者のサポートが欠かせないので、基本的には早めの段階で業者に連絡をするのが大切です。
ペット火葬の業者の中には火葬とお葬式と一緒にサポートしてくれる所もありますから、そのような業者を利用すると簡単にペットを供養できるようになれると考えられます。

ペット火葬に要する時間はどれくらいになる?種類ごとに解説!

ペット火葬がどのくらいかかるのかは葬儀を行う会社やペットの大きさ、種類で異なります。
2kg以内のハムスターなどの小動物はおおよそ30分と短い間に終わってしまい、うさぎやチワワ、ネコなどの動物であれば50分程度の火葬となります。
パグに代表される中型犬は5から10kgほどあるので、60分から75分程度、ビーグル犬のように10kgから25kgほどある中型犬は90分から100分前後です。
25kgを超える大型犬では3時間程度のことが多く、大変長く待つようになります。
ペット火葬の場合プランで異なっていますが、火葬の他にもお見送りやお骨の拾い上げなども行われます。
そのため実際にペット火葬に費やされる時間はさらに長くなることが多く、こだわりのある手厚いプランになればなるほど長くなる傾向となっています。
動物の種類や重さで異なってくるので、どのくらいの重さがあるのかを把握しておくとおおよそ何分ほどかかるのかがわかります。

犬のペット火葬はどこに申し込みをするのが良い?

亡くなった犬のペット火葬の申し込みにはいくつかあり、地方自治体でも受け付けてますが火葬の仕方は自治体で違います。
ペット葬儀社へ依頼して合同火葬したり、環境事務所などで引き取ってもらって償却処分することもできます。
合同のペット火葬だと数匹のペットを纏めて行い、一番金額も安くて公営だとこの方法が多いです。
他の動物と一緒なので寂しい思いをさせることもなく、マンションに住んでいて庭に埋めることが出来ない場合に向いてます。
他の一緒に焼かれるため遺骨が手元に残ることは殆どなく、スタッフが合同で埋葬するので自分の犬の遺骨を手元に残したい時には向いてません。
個別一任火葬だと、個別に焼かれるので骨はしっかりと残ります。
家族が立ち会う形ではなくスタッフが遺体を預かり焼き上げてから、その後お骨を返します。
しっかりとお見送りしたいけど火葬を見るのは精神的に厳しいときでも、この方法なら選びやすいです。
また、他に立ち合いでの火葬や訪問などもあります。

猫のペット火葬は当日予約でも可能?

ペット火葬の当日予約なのですが対応している会社が少しずつ増えており、依頼することが可能です。
ペット火葬を行っている会社のホームページや資料をチェックすることで、これまで大切に飼っていた猫や犬などの葬儀を行えるのか知れます。
もしも知ることができなかった場合、ペット火葬を実施する会社に電話やメールで問い合わせをすることで丁寧に教えてもらえるために安心です。
気を付けないといけないのは人気の業者だった場合、当日予約することができない恐れがあるという部分です。
すでにたくさんの人が猫や犬などのペット火葬を依頼しており、予約することができないケースも存在しています。
その時は別の会社を選択しなくてはいけないので、スピーディーな行動が重要なポイントです。
あまりにも時間がかかってしまうと遺体に大きなダメージが発生してしまい、新たな問題が起こってしまう可能性が出てきます。
このように対応している会社が増えている中、いきなり予約できるのか事情で異なるので確認することが必要です。

犬や猫を庭に埋めずにペット火葬するメリットとは?

家族同様の存在としてかわいがっていたペットが永眠すると、その悲しみは簡単には癒えるものではありません。
ペットは法律的には所有物となるので、火葬せずに遺体を庭に埋めても問題はありません。
自宅の庭に埋めれば費用もかからず、ずっと身近に感じられるメリットはあるでしょう。
ただし火葬せずに埋葬すると腐敗して匂いが出たり、浅い場所に埋めるとほかの動物などで掘り返されたり荒らされる危険性があります。
その点、ペット火葬を利用して遺体を焼却すれば、匂いや雑菌繁殖の心配はなくなります。
大事なペットが庭の土の中に埋まっていると寂しい気持ちになりますが、きちんとペット火葬して供養すれば気持ちの上でも落ち着くでしょう。
遺体をそのままにしておくわけにはいかないので、火葬しないときは土葬するしかありません。
でも火葬して遺骨にしておけば、手元供養してもいいし庭にお骨を埋めて小さなお墓を作ることもできます。
気持ちが落ち着いた時点でペット霊園を探して納骨することもできるなど、火葬すれば選択肢が増えるのもメリットです。

ペット火葬に関する情報サイト
ペット火葬の基本

このサイトでは大切な愛猫や愛犬のお葬式をするときに何を準備すればいいのかや、ペット火葬の基礎的な知識を紹介していきます。火葬移動車を利用の仕方や、実際に利用をするときに気をつけておきたい注意点などについても分かりやすく解説をしていくので参考になる筈です。遺骨の持ち帰りの有無を事前に聞いておく大切さについても説明をするので、しっかりとチェックしておけば実際に火葬をするときに業者選びで失敗をするリスクを減らすことができます。

Search